発達障害は遺伝?治らない?

と日本では当たり前のように思われていますが、これは本当の問題をうまく捉えられていないように思います。

アメリカのDr.メリーロのブレインバランスセンターは、全米に150箇所あり、数万人の発達障害時の支援をしています。

ADHD、失読症、自閉症これらの障害はそれぞれ違った症状を呈しますが、実は1つの問題、脳バランスの問題なのです。

そしてこれらは、

「機能的ディスコネクション症候群」(FDS)という名前がついています。ディスコネクト=つながりを失うという意味です。

アメリカではDisconnected Kidsなんて言ったりもします。

これは脳の部位部位や、左右の脳の電気信号がうまく繋がっていない、バランスが取れていないという事です。

つまりこの左右の脳バランスの崩れを整えていく事が問題解決の鍵であり、実際にアメリカのブレインバランスセンターでは多くの子供達が改善しています。

左右の脳の働きの機能的なバランスの崩れのことを、Hemisphericity(ヘミスフェリシティー)と言います。左右の脳はそれぞれ違う働きをしながら絶えずコミュニケーションをとっている関係から、このHemisphericityによって様々な症状が出ます。

 

特に子供の脳の発育時期にこの左右脳のバランスが崩れると、脳や身体の発育だけでなく、感覚運動、行動、知性、感情、社交性、そして学業に良くない影響を与え、ADHD、Dyslexia、アスペルガー、自閉症、チックなどの発達障害に発展する可能性が高まります。また脳の発育バランスの崩れは自律神経失調、アレルギーや喘息などの症状とも関係があることがわかっています。

 

Brain Balance Conditioning JUMPOUTでは機能神経学に基づいたブレインバランスプログラムによって、子供の脳の発育バランス改善のお手伝いをしています。ブレインバランスセラピーは発達障害、及びその予防、そしてお子さんの脳の発育にとって最適な状態を作り出すために米国で科学的に証明された効果の高い療法です。

© 2016 by JUMP OUT