脳から考えるスポーツパフォーマンス

スポーツにおけるパフォーマンスとはなんでしょうか?

筋力?

パワー?

スピード?

技術?

持久力?

メンタル?

どれもパフォーマンスに関係することだと思います。

しかし、それの全ての指令を出しているのは「脳」であり、その指令の土台となっているのは「感覚」です。

脳カラダでは、通常のトレーニングではなく、感覚を刺激し脳を活性化させて、体や動きに変化を出してきます。

特にスポーツにおいて大事な感覚は

・視覚

・前庭覚

・触覚

・固有覚

これらの感覚の上にプラス認知機能が必要になってきます。

脳の部位で言うと、運動において一番大事なのは

自分の体をしっかりと把握して、脳内のボディマップ(身体の地図)を正確にすること。

それには「頭頂葉」というところが関係してきます。

そして、その身体の動きをコントロールする「小脳」

この二つが大事になってきます。

脳カラダトレーニングでは、視覚、前庭覚、触覚、固有覚を刺激して、ボディマップ、小脳を活性化していくトレーニングとなります。

そこにプラス聴覚や周辺視野を刺激し、空間把握能力を高めたり、認知機能のトレーニングをしていきます。

具体的には、

眼のトレーニング

バランストレーニング

耳のトレーニング

タイミング機能のトレーニング

関節のトレーニング

筋肉のトレーニング

身体操作のトレーニング

をして、脳から身体の動きを変えていきます。

おすすめの人

・身体の動きをスムーズにしたい人

・バランス感覚が悪い人

・片側の感覚が薄い人

・空間把握能力を高めたい人

・手先の細かいコントロールを高めたい人

・ボールをうまく捉えられない人

・何か動きに違和感を感じる人

・パンチをもらいやすくなった、避けにくくなった

・集中力を高めたい人

・頭の中がモヤっとしてスッキリしていない人

・素早い判断能力を高めたい人

・自分の体を思う通りにコントロールしたい人

・反応スピードを早くしたい人

・不安感や、イライラなどが取れない人

このような方は、脳からカラダを整えてみるのはいかがでしょうか??

© 2016 by JUMP OUT